【効果抜群】ブログ初心者必見!読みやすい文章を書くための『3つのコツ』

ブログ初心者, 読みやすい文章, 3つのコツ, webライティングブログ

ブログやってて思うんだけど、読みやすい文章ってどうやったら書けるの?

基本的なコツを紹介するね!

おはこんばんにちは!ノボルです。

テキストコンテンツであるブログにおいて、「文章の書き方」を意識することはとても大事です。

読みやすい文章を書くことで、

・ユーザーにストレスを与えない
・情報が伝わりやすくなる
・滞在時間が伸びる


といったメリットがあります。

そこで今回は、ブログで読みやすい文章を書くための『3つのコツ』を解説します。

こんな人に読んでほしい

・ブログを始めたばかりの人

・Webライティングの勉強をしている人

ブログで読みやすい文章を書くための「3つのコツ」

漢字:ひらがな=3:7

数学の世界では、長方形の黄金比が「1 : 1.6」だと言われています。

同様に、ライティングの世界でも、

漢字 : ひらがな=3:7

という黄金比があります。

漢字が多すぎる文章は、読み手にストレスを与えます

例として、2つの文章を用意しました。ぜひ、読み比べてみてください。

黄金比を初めて発見したのはエウドクソスで、その後古代ギリシアの彫刻家であるペイディアス が初めてパルテノン神殿建設時に使ったと言われています。

例えば有名な物としては、ミロのヴィーナス、パルテノン神殿、名刺、ハガキ、Appleのロゴ、デジタルカメラ、サグラダ・ファミリアなどが挙げられます。

黄金比をはじめて発見したのはエウドクソスで、その後古代ギリシアの彫刻家であるペイディアス が初めてパルテノン神殿建設時につかったと言われています。

たとえば有名なものとしては、ミロのヴィーナス、パルテノン神殿、名刺、ハガキ、Appleのロゴ、デジタルカメラ、サグラダ・ファミリアなどがあげられます。


2つ目の文章の方が、なんとなく読みやすいと思います。

短い文章だと違いが分かりづらいかもしれませんが、ブログの記事は平均で1000〜3000字くらいあるので、漢字の比率が高いと読みづらくなります

正確に「漢字 : ひらがな=3:7」とする必要はありませんが、自分で記事を読んでみて漢字が多いと感じたら、ひらがなを少し多めにすることで、文章の可動性を上げることができます


1段落=2〜3行

漢字とひらがなの比率が大事」だといいましたが、段落の長さも文章の読みやすさに大きく影響します。

さっそく、2つの文章を比較してみましょう。

黄金比をはじめて発見したのはエウドクソスで、その後古代ギリシアの彫刻家であるペイディアス が、パルテノン神殿建設時につかったと言われています。黄金比を使った 身近なものとしては名刺をはじめとした様々なカード類、郵便はがきを挙げることができます。この黄金比は自然界にも多く存在しており、松ぼっくりのかさ、花びらの数、葉の生え方においても黄金比を発見できます。たとえば有名なものとしては、ミロのヴィーナス、パルテノン神殿、名刺、ハガキ、Appleのロゴ、デジタルカメラ、サグラダ・ファミリアなどがあげられます。

黄金比をはじめて発見したのはエウドクソスで、古代ギリシアの彫刻家であるペイディアスが、パルテノン神殿建設時につかったと言われています。有名なものとしては、名刺、Appleのロゴ、デジタルカメラ、サグラダ・ファミリアなどがあげられます。


1つ目の文章は、段落の文字数が多すぎて、正直、読む気が失せますよね。笑

一方で、2つ目の文章は段落が長すぎず、スラスラ読むことができます

このように、段落ごとの文字数が多いと、読み手にストレスを与えてしまうので、「1段落=2〜3行」を目安に、ブログ記事を書いてみてください。


こまめに改行する

改行のない冗長な文章は、読み手からするとストレスになります

特に、レビュー記事などの文字数が多いブログ記事は、文章をこまめに改行してあげないと、ユーザーが疲れて、サイトを離脱してしまいます

先ほどの例で紹介した文章で、比較してみます。

黄金比をはじめて発見したのはエウドクソスで、その後古代ギリシアの彫刻家であるペイディアス が、パルテノン神殿建設時につかったと言われています。黄金比を使った 身近なものとしては名刺をはじめとした様々なカード類、郵便はがきを挙げることができます。この黄金比は自然界にも多く存在しており、松ぼっくりのかさ、花びらの数、葉の生え方においても黄金比を発見できます。たとえば有名なものとしては、ミロのヴィーナス、パルテノン神殿、名刺、ハガキ、Appleのロゴ、デジタルカメラ、サグラダ・ファミリアなどがあげられます。

黄金比をはじめて発見したのはエウドクソスで、その後古代ギリシアの彫刻家であるペイディアス が、パルテノン神殿建設時につかったと言われています。


黄金比を使った 身近なものとしては名刺をはじめとした様々なカード類、郵便はがきを挙げることができます。この黄金比は自然界にも多く存在しており、松ぼっくりのかさ、花びらの数、葉の生え方においても黄金比を発見できます。


たとえば有名なものとしては、ミロのヴィーナス、パルテノン神殿、名刺、ハガキ、Appleのロゴ、デジタルカメラ、サグラダ・ファミリアなどがあげられます。


一目瞭然ですね。笑

1つ目の文章は、改行がないので非常に読みづらく、情報が全く目に入ってきません

他方、2つ目の文章は、たっぷり改行が使われているので、一つ一つの文に集中することができて理解しやすいです


最後に

今回の記事では、ブログで読みやすい文章を書くための『3つのコツ』を解説しました。

ライティングは、本当に奥が深くて、数え切れないくらいコツがあります。

今回の記事でご紹介したテクニックは初歩的なものばかりなので、ぜひあなたも、いろいろな記事を読んだり本を読んだりして、Webライティングスキルを身につけていってください!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました(o^^o)

コメント

タイトルとURLをコピーしました