【完全図解】WordPressブログで簡単にグラフを作成する方法【Visualizer】【WPプラグイン】

WordPress, ブログ, グラフ作成, Visualizer, WPプラグインブログ

WordPressでグラフを作りたいんだけど、簡単な方法ってないの?

そういうことなら、WordPressプラグインVisualizerを使うといいよ!

おはこんばんにちは!ノボルです。

ブログを運営していると、

「ここにちょっとグラフを入れたい」

って思うことはありませんか?

ブログ記事がテキストだけだと、読みづらかったり伝わりにくいですよね

そこで今回は、WordPressプラグイン「Visualizer」を使ってグラフを作成する方法を紹介します!

こんな人に読んでほしい

・WordPressでグラフを作成する方法を知りたい人

・WordPressブログを始めたばかりの人

WordPressプラグイン「Visualizer」とは?

Visualizer」とは、レスポンシブ表示に対応したグラフを簡単に作ることができるWordPressプラグインです。

下図を見てもらえば分かりますが、無料枠だと、

① 表
② 円グラフ
③ 線グラフ
④ 面グラフ
⑤ 地理グラフ
⑥ 横棒グラフ
⑦ 縦棒グラフ
⑧ バブルグラフ
⑨ 散布図グラフ


を作成することができます。

無料でも色んな種類のグラフが作成できるんだね。


では、早速グラフを作っていきましょう!

WordPressブログで簡単にグラフを作成する方法

「Visualizer」をインストール

まずはWordPressプラグインをインストールしよう!

まずは、WordPress管理画面のダッシュボードから、[プラグイン]→[新規追加]にアクセスしてください。


右上にある検索窓から、「Visualizer」と検索すると、左上に水色のアイコンのプラグインが表示されるので、[今すぐインストール]をクリックしましょう。


インストールが完了したら、[有効化]をクリックします。


上の画像のようなページが表示されたら、インストール完了です

「Visualizer」の使い方

いよいよ、グラフを作っていくよ!

WordPress管理画面のダッシュボードから、[Visualizer]→[Add New Chart]をクリックします。


様々なグラフが表示されるので、お好みのものを選択して[Next]をクリックしましょう。
ここでは例として、線グラフを作成します。


line.csv]をクリックします。


すると、CSVのサンプルが表示されるので、コピーします


CSVのデータを、Excel・Numbers・メモ帳などのアプリに貼り付けます

あとは、データを編集して、[CSVファイル]として保存します。

※ 他のデータ形式で保存するとエラーが発生する場合があるので、必ずCSVファイルとして保存してください。

※ CSVファイルについて学びたい人は、「CSVファイルとは?詳しく解説、サンプルデータもあります」という記事が分かりやすいです。


先ほどの画面で、[ファイル選択]から保存したCSVファイルを選択し、[Import]で取り込みます。


グラフ名をつけたい場合は、[Settings]→[Title]を選択しましょう。


Chart Title]にグラフ名を入力して、[Save Chart]をクリックしたら完了です。


このような画面が表示されたら、成功です!


グラフを記事に貼り付ける方法

いよいよ、グラフを貼り付けるよ!

記事編集画面で、[ブロックの追加]→[Visualizer Chart]を選択します。


Display an existing chart]をクリックします。


作成したグラフが表示されるので、貼り付けたいグラフの下にあるボタンを選択します


無事、作成したグラフを貼り付けることができました!
ここまで、お疲れ様でした。

WordやPagesでグラフを作って貼り付けるのもアリ

WordPressプラグインを使いたくないという人は、

・Word
・Pages
・Google Document


などのアプリケーションでグラフを作って、画像ファイルとしてブログに貼り付けるのもアリです

最後に

今回の記事では、WordPressブログで簡単にグラフを作成する方法について解説しました。

グラフを貼り付けることでブログ記事は伝わりやすくなります。

ぜひ、WordPressプラグイン「Visualizer」を活用してみてください!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました(o^^o)

コメント

タイトルとURLをコピーしました