「Crayon Syntax Highlighter」の文字化け対策【WordPressプラグイン】

ブログ

おはこんばんにちは!ノボル(@Veritas40835638)です。

WordPressプラグイン「Crayon Syntax Highlighter」を使ってるんだけど、HTMLのソースコードが文字化けしちゃう。どうしたらいいの?

そういうことなら、設定から簡単に文字化け対策できるから安心して!


そこで今回は、WordPressプラグイン「Crayon Syntax Highlighter」で、HTMLコードの文字化けを解消する方法について解説します。

HTMLコードの文字化け現象

普通にHTMLコードを記述すると、カッコなどのタグが文字化けしてしまいます。


Crayon Syntax Highlighterの文字化けを解消する方法

文字化けは、設定から簡単に解消できます!

WordPressの管理画面から、[設定]→[Crayon]にアクセスしてください。


設定画面が開くので、ページ下へスクロールしてください。


コード]欄にある、[Decode HTML entitles in code]にチェックを入れてください。


ページ最下部の[Save Changes]から変更を保存します。


HTMLコードの文字化けが解消しました!

ほら、簡単でしょ♪


文字化けの原因

ちなみに、[Crayon Syntax Highlighter]でHTMLコードが文字化けするのは、デフォルトだとHTMLタグが「文字」として変換保存されるためです。

そこで、設定を変更してあげることで、「文字」を再変換し、ソースコードタグを画面上に表示させることができます。

最後に

今回の記事では、WordPressプラグイン「Crayon Syntax Highlighter」で、HTMLの文字化けコードを解消する方法について解説しました。

プラグインの設定を変えるだけで、簡単に文字化けを解消できましたね!

最後まで読んで頂き、ありがとうございました(o^^o)

コメント

タイトルとURLをコピーしました