【結論】バナーvsテキスト、クリックされやすいのはどっち?【アフィリエイトブログ】

affiliate, blog, banner, textブログ

アフィリエイトASPを使ってて思うんだけど、「バナー広告」と「テキスト広告」どっちを使った方がいいの?

アフィリエイトをする人なら誰でも迷うよね。さっそく解説するね!

おはこんばんにちは!ノボルです。

アフィリエイトブログで収益を出す方法として、

・Google Adsense
・アフィリエイトASP


の2つが、よく挙げられます。

Google Adsenseは自動で広告を貼ってくれますが、ASPにおいては、自分で広告を選んで貼る必要があります。

特に、アフィリエイトASPの広告を選ぶ際、

バナー広告
テキスト広告


のどちらがクリックされやすいんだろう?と迷うことはよくあると思います。

そこで今回は、バナーとテキストどっちがいいか問題について解説していきます!

こんな人に読んでほしい

・ブログを始めたばかりの人

・アフィリエイトASPを活用したい人

結論:テキスト広告の方が絶対いい!

結論ですが、アフィリエイトASPの広告は、「テキスト広告」を中心に使うようにしましょう。

理由をさっそく解説していきます。

テキスト広告の方がクリック率が高い

これが一番わかりやすい理由ですが、実は、

テキスト広告のクリック率>バナー広告のクリック率」

なんですよね。

僕も最近まで、

・バナー広告の方がオシャレだからクリックされそう

という浅はかな考えで、バナー広告だけを使っていましたが、クリック数は伸びませんでした。笑

実際、クリック率が表示されているアフィリエイトASPを見てみると、ほとんどの広告プログラムにおいて、

テキスト広告のクリック率>バナー広告のクリック率」

となっています。

たとえば、某オンライン英会話のASP広告では、

バナー広告:1.05%
テキスト広告:5%以上

と、テキスト広告の方が5倍以上クリックされやすいんですよね

このように、テキスト広告の方がクリック率が大幅に高いケースが多いので、アフィリエイトブログで収益を出そうと考えている人は、「テキスト広告」を中心に使うようにしましょう


売り込み感が少ない

明らかに派手なバナー広告などは、

・拒否感を感じやすい
・なんか胡散臭い
・記事を読む気が失せる


といった印象を読者に与えてしまう危険性があります。

一方、テキスト広告は、地味ですが、「売り込み感が圧倒的に少ない」ことが強みです。

たとえば、以下の2つの広告が見てみてください。

明らかに、下のテキスト広告の方が、売り込み感が少ないですよね。

なので、基本的には、「テキスト広告」を使うことをオススメします。


アフィリエイトブログ初心者でもすぐに使える

画像ベースである「バナー広告」とは違い、文字ベースの「テキスト広告」は、ブログ初心者でも気軽に使うことができます。

バナー広告は、興味を引くデザインが強みですが、

・ブログ記事のどこに挿入するか
・どんなデザインのバナー広告を使うか
・どれくらいのサイズのバナー広告にするか


といったことを考慮する必要があります。

とはいえ、記事を書くたびに、バナー広告のことで迷うのは面倒ですよね

他方、テキスト広告は、

・テキストを貼り付けるだけだから超簡単
・テキスト部分をカスタマイズすることもできる
・デザインのことで悩む必要がない


といった感じで、ブログ初心者でも簡単に使いこなすことができます


じゃあ、バナー広告は使ったらダメなの?

ここまで、テキスト広告を使うべき理由について解説しましたが、

じゃあ、バナー広告は使ったらダメなの?

と思った方もいるかもしれません。

結論ですが、バナー広告も使うべきです

というのも、バナー広告には、

・興味関心を引く
・情報量が多い
・様々なデザインを使うことができる


といったメリットがあるからです。

なので、

テキスト広告を中心に使いながら、必要に応じてバナー広告も活用する

がオススメです。


おまけ:アフィリエイトASPにまだ登録していない人は「A8.net」がオススメ

まだアフィリエイトASPに登録していないという方は、業界最大手で完全無料の「A8.net」がオススメです。

以下の2記事で、

・A8.netをお勧めする理由
・A8.netの具体的な登録方法


を解説したので、興味がある方は、参考にしてみてください。


最後に

今回の記事では、バナーとテキストどっちがいいか問題について解説しました。

ブログのアクセス数が伸びてきたら、ぜひ広告を活用して、収益を伸ばしていってください!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました(o^^o)

コメント

タイトルとURLをコピーしました