【全10記事で解説】初心者でもスラスラ書ける!ブログを書く8つの手順まとめ

ブログ

おはこんばんにちは!ノボル(@Veritas40835638)です。

最近ブログを始めたんだけど、書き方の手順がよく分からないんだよね・・・。

書き方は人それぞれだけど、よくある手順を紹介するね!


そこで今回は、初心者でもスラスラ書ける「ブログを書く8つの手順」について解説します!

こんな人に読んでほしい

・ブログを始めたばかりで、書き方が分からない

・記事を書こうとしても、筆が進まない

・効率的にブログを書く手順を知りたい

いざブログを書こうと思っても、なかなか手が進まないことってありますよね。そこでオススメなのが、「書き方の手順をある程度決めておく」ことです。

書き方の手順をあらかじめ作っておくことで、筆が格段に進むようになります。この記事を参考に、アレンジもしながら、ぜひご自分にあった書き方を見つけください!

『ブログを書く8つの手順』

カテゴリー&ブログネタを決める

まずは、「どんなカテゴリーについて書くのか」を決めます。特化ブログであればサブカテゴリーから、雑記ブログであればメインカテゴリーから選択するのがいいでしょう。

記事のカテゴリーが決まったら、考えたりググったりして、ブログネタを深掘りしていきましょう。

ブログネタの探し方については、以下の記事で解説しています。


タイトルのキーワードを選定する

何について書くのか」が決まったら、そのブログネタに適した記事のタイトルをつけましょう。

その際、「誰に向けて書くのか」と「コンテンツの深」を意識することをオススメします。

誰に向けて書くのか?

・まだ始めていない人

・初心者

・中級者

・上級者

コンテンツの深度は?

・わかりやすさ重視

・網羅性重視

・専門性重視

キーワードを探すときは、「関連キーワード取得ツール」を使うことをオススメします。以下の記事で使い方を解説しました。

ブログタイトルのつけ方についても、以下の記事で解説しました。


ブログの構成を決める

ブログネタ」と「タイトル」が決まったので、いよいよコンテンツを書いていきます

すぐに本文を書き始めたいところですが、「ブログの構成」を先に決めておきましょう。すでにブログの雛形がある人は、飛ばしてもらって構いません。

構成が決まっていないという人は、以下の記事でブログの書き方テンプレートについて解説したので、参考になるかと思います。


画像やイラストなどの素材を挿入する

テキストだけだと、どうしても記事が読みづらくなるので、ビジュアルも適度に使うといいでしょう。

その際、かならず「フリー素材」を使うようにしてください。気をつけないと、法的問題に発展する可能性もあります。

フリー素材サイトについては、以下の記事でまとめています。


SEO対策をする

記事を書くときは、SEO対策も意識しましょう。

基本的には、

・キーワード
・分かりやすさ
・情報の価値

・文字量

あたりを意識するといいと思います。

ブログ初心者が絶対に読むべきSEO対策本については、以下の記事で紹介しています。これを機会に、ぜひ読んでおくことをオススメします。


アフィリエイトASP広告を貼る

コンテンツが完成したら、記事に関連したアフィリエイトASP広告を貼りましょう

Google AdSenseだけだと、なかなか収益が上がらないので、 ASPも活用することをオススメします。

オススメのアフィリエイトASPについては、以下の記事で解説しました。


記事を修正する

記事の投稿後しばらく経っても、なかなかアクセスは伸びない場合は、コンテンツを修正することをオススメします。

例えば、

・記事タイトルの変更
・本文のリライト
・アイキャッチ画像の変更

などをしてもいいでしょう。

記事タイトルを変える際に気をつけるべきこと
リライトのやり方
については、以下の記事で解説しています。


まずは、継続しよう

ブログは、『1記事書いたらすぐに結果が出る!』というものではないので、
試行錯誤しつつ、継続的に記事を書いていきましょう!

ブログを続けるためのコツについては、以下の記事で解説しています。


この記事に関連した本

参考までに、この記事に関連した書籍を紹介しておきます。


最後に

今回の記事では、初心者でもスラスラ書ける『ブログを書く8つの手順』について解説しました。

書き方の手順をあらかじめ作っておくことで、「どうやって書けばいいのか」悩む必要がなくなり、キーボードを打つ速度が上がります。

この記事が、あなたにとって少しでもお役に立ったのなら、幸いです!

最後まで読んで頂き、ありがとうございました(o^^o)

コメント

タイトルとURLをコピーしました