【初心者向け】WordPress画像を挿入する際の設定オプションを解説

WordPress, 画像, 設定オプションブログ

WordPressで画像を挿入するとき、入力項目がたくさんあってややこしい…。

それぞれの項目を解説するね!

おはこんばんにちは!ノボルです。

WordPressで画像を挿入するとき、

・代替テキスト
・テキスト
・キャプション
・説明


など、入力項目がたくさんあって、混乱する人も多いかと思います。

そこで今回は、WordPress画像を挿入する際の設定オプションを解説します。

こんな人に読んでほしい

・WordPressブログを始めたばかりの人

がんばる個人のための「もしもアフィリエイト」

画像を挿入する際の設定オプションの違い

さっそく、それぞれの項目を解説していきます。

代替テキスト

代替テキストは「imgタグ内のalt属性」に入る文字列で、「画像の代替テキスト」という役割があります。

何らかの理由でページの画像が表示できないときに、画像の代わりに代替テキストとして表示されます

SEO対策においても、Googleのクローラーは画像が読めないため、できるだけ代替テキストを指定しておきましょう

alt属性をつける際には、

「夏の富士山」
「味噌ラーメン」


など、簡潔な文字列にしましょう。



タイトル

タイトルは、WordPressで画像を挿入する際の必須項目で、「imgタグ内のtitle属性」に入る文字列となります。

title属性には「画像の補助的な説明をする」という役割があり、日本語で入力可能です。

また、このtitle属性の文字列は、マウスを画像に合わせた際にツールチップとして表示されます

※WordPressで画像を挿入すると「タイトル=ファイル名」となります。タイトルを変更したい場合は、自分で書き換える必要があります。


キャプション

キャプションは、WordPress独自の設定項目で、「画像の説明文」という役割を持っており、imgタグの直後にpタグとして表示されます。

また、キャプションには、「wp-caption-text」というクラスが自動的に設定されるので、CSSカスタマイズなどで、デザインをすることもできます。


説明

説明は、画像に関するメモを記入する項目で、HTML上に書き出されることはありません

WordPressの記事数が増えると、画像数も比例して増えてしまい、

「何のために使った画像だったっけ?」

と分からなくなることがあります。

そこで、「説明」にメモを入力してあげることで、後で確認しやすくなります

また、メディアライブラリでは、「説明」も検索対象となるため、画像が増えても見つけることができます


アップロード

アップロード者(管理者)の名前が表示されます。


アップロード先

画像がアップロードされた「記事」が表示されます。


リックをコピー

画像のURLをコピーすることができます


最後に

今回の記事では、WordPress画像を挿入する際の設定オプションを解説しました。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました(o^^o)

コメント

タイトルとURLをコピーしました