【疲れ目対策に最適!】Macで画面の明るさを限界より暗くする方法【QuickShade】

小技

ねぇねぇ。Macの画面って、明るさを限界より下げられないの?

Macのデフォルト機能じゃできないけど、『QuickShade』っていうアプリを使えば、スクリーンを上限より暗くすることができるよ!

おはこんばんにちは!ノボルです。

今回は、Macの無料アプリQuickShade』を使って、画面の明るさを限界より暗くする方法をご紹介します。

夜だとMacの画面が明るすぎて目が疲れる」
「暗い所で頻繁に作業する」

といった方は、ぜひQuickShade』を活用してみてください!

Macで画面の明るさを限界より暗くする方法

早速、『QuickShade』のインストール方法と使い方を解説していきます。

『QuickShade』のインストール方法

MacでApp Storeを開き、検索窓に『QuickShade』と入力し、[Enter]を押します。

※ もしくは、こちらから『QuickShade』のダウンロード画面に飛ぶこともできます。


入手]をクリックします。


インストール]をクリックします。


Apple IDパスワードを入力し、[入手]をクリックします。

『QuickShade』の使い方

『QuickShade』をインストールしたら、あとは簡単です。

Finderから[アプリケーション]→QuickShade]をダブルクリックします。


メニューバーに『QuickShade』のアイコンが表示されるので、クリックします。

あとは、[Enable Shade(オンにする)]をクリックして、「明るさバー」を調節すれば、Mac画面の輝度を限界より下げることができます。

※『QuickShade』のカスタマイズ方法

ちなみに、『QuickShade』では、

  • ログイン時に自動的に起動させる
  • キーボードショートカットを割り当てる

といったカスタマイズが可能です。

カスタマイズしたい時は、メニューバーのアプリアイコンから[Preferences]をクリックします。


すると環境設定画面が開くので、好みに合わせて設定してみてください。

まとめ

この記事では、無料アプリ『QuickShade』を使ってMacの画面を暗くする方法を解説しました。

目が疲れたときや、暗いところで作業するときは、ぜひこのアプリを活用してみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました