【最新】macOS CatalinaでiPhoneが認識しない時の対処法

macOS, Catalina, iPhone小技

iPhoneがMacで認識されないんだけど、どうしたらいいかな?

いくつか対処法があるから解説するね!

おはこんばんにちは!ノボルです。

macOS Catalinaがリリースされてから、Finderを使ってApple製品間のデータを簡単に送受信できるようになりました。

でも、いざiPhoneやiPadをMacに繋げたら、「Finderにぜんぜん表示されない!」なんてことありませんか?

そこで今回は、macOS CatalinaでiPhoneが認識しない時の対処法6選を解説します!

こんな人に読んでほしい

・Mac ⇄ iPhoneでデータを送受信したいのにiPhoneが認識されない人

・何個か対処法を試したけど上手くいかなかった人

Kindle Unlimitedなら、30日間無料で、いつでもどこでも読み放題。

macOS CatalinaでiPhoneが認識しない時の対処法6選

MacのFinderの設定を変更する

僕がそうだったのですが、Finderの設定を変更することで、iPhoneやiPadが表示されることがあります

やり方は、超カンタン。

Finder]→[環境設定]→[CD、DVD、およびiOSデバイス]にチェックを入れるだけです!


iPhone/iPad/Macを再起動する

何かしらの原因でデバイスにエラーが発生していると、FinderにiPhoneやiPadが表示されないことがあります。

最初の方法が上手くいかなかった人は、それぞれのデバイスを再起動してみましょう


充電ケーブルを別のものにしてみる

これもよくある原因なのですが、充電ケーブルが古かったり断線してたりすると、接続不良を起こしやすいです

予備の充電ケーブルがないという人は、『Anker PowerLine II』(Amazonでレビュー3万越えのベストセラー)がオススメです。

価格はAppleの純正品とそう変わらないですが、Ankerの方が耐久性が圧倒的に高いので、充電ケーブルがよく断線する人にはオススメです。


別のUSBポートを使う

お使いのMacにUSBポートが2つ以上ある人は、別のUSBポートに充電ケーブルを差すことでデバイスが表示されることがあります。


iPhone/iPad/Macをアップデートする

デバイスのバージョンが古かったりすると、接続が上手くいかないことがあります。

iPhone/iPadをMacに繋げる前に、アップデートが来てないか確認してみましょう


最終奥義:Appleに助けを乞う

もし上記全ての方法を試してもダメだった場合、個人の力ではどうにもなりません。笑

Apple様に問い合わせるか、お近くの修理店でデバイスを診てもらいましょう。


最後に

今回の記事では、macOS CatalinaでiPhoneが認識しない時の対処法6選を解説しました。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました(o^^o)

Kindle Unlimitedなら、30日間無料で、いつでもどこでも読み放題。

コメント

タイトルとURLをコピーしました